大豆米(調理用) 大豆米(調理用) 大豆米(調理用) 大豆米(調理用) 大豆米(調理用)
    【冷凍】
  • 大豆米(調理用)

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼

価格:1,470円(税込)

[ポイント還元 14ポイント~]

注文

購入数:

生産者のオススメポイント
・自分で調理するための味がついてない「大豆米」です。
・お湯で茹でた後、白米の代わりとして、カレーライスや丼物など普段のお料理にお使いいただけます。
・1人前は50g程度です。レシピに合わせて分量を調節してお召し上がりください。

内容・成分
大豆米(調理用) 500g
(100gあたり栄養成分)
エネルギー270kcal たんぱく質31.2g 脂質8.2g 炭水化物44.2g(糖質13.1g 食物繊維31.1g) 食塩相当量0.9g

商品のお召し上がり方
1)鍋にたっぷりのお湯を沸かす。(茹でると膨らみますので、大きめの鍋で調理してください。)
2)冷凍状態の大豆米を入れ、約3分間茹でる。(1人前の目安量は約50gです。)
3)ざるにあげて流水で洗う。
4)お好みの味付けで調理してお召し上がりください。

原材料
大豆粉、牛乳、大豆たんぱく、難消化性デキストリン、乾燥卵白、小麦たんぱく/加工デンプン、増粘多糖類、酵素、トレハロース、ゲル化剤、乳酸Ca、甘味料

アレルギー特定原材料等
卵、乳成分、小麦、大豆

賞味期限
製造日より6ヶ月
※商品の製造日付によっては上記賞味期限より短い場合がございます。個々のパッケージの賞味期限をご確認ください。

保存方法
冷凍保存(-18℃以下)
※お届け後はすぐに冷凍保存し、商品の再凍結は避けて下さい。

ご注意
1. 糖尿病の方、妊娠されている方、持病をお持ちの方、病気の治療目的でのご利用の方などは、かかりつけの医師に必ずご相談の上、ご利用ください。
2. 栄養成分値は、製品ごとの原材料の使用量に基づき、「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」の数値より計算して求めた「推定値」になります。
3. 糖質オフ率は、当社製品の栄養成分(推定値)と「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」の数値より計算して求めた値を比較した「当社比」として表示しています。

続々投稿!お客様の声(19件)

総評: 星1つ星1つ星1つ星1つ星半分 4.6

星1つ星1つ星1つ星1つ星1つオフ党様
2022/11/29
大豆米を主食にして良かったなと思うのはお通じがよくなったことです。食物繊維の量が丁度良いのかなと思っています。
今日のお昼はシーフードのリゾットにしていただきました。
大豆米を主食にして良かったなと思うのはお通じがよくなったことです。食物繊維の量が丁度良いのかなと思っています。
今日のお昼はシーフードのリゾットにしていただきました。
  
星1つ星1つ星1つ星1つ星1つIkotom様
2022/09/28
最高。こんにゃく米とか色々試しましたが、こればベストだと思います。糖質をもう少し落としたいので、ブロッコリーを混ぜてご飯がわりに食べています。
最高。こんにゃく米とか色々試しましたが、こればベストだと思います。糖質をもう少し落としたいので、ブロッコリーを混ぜてご飯がわりに食べています。
  
星1つ星1つ星1つ星1つ星1つRitz様
2022/08/31
主食の低糖質商品は色々試しましたが臭み、食感、調理のしやすさどれもで満足するものになかなか出会えませんでした。テレビで大豆米を見て試して見ましたが、想像以上にお米感があり、調理も簡単で大豆くささも全くなくて大満足でした。むしろ玄米とかよりも好きな感じ。
主食の低糖質商品は色々試しましたが臭み、食感、調理のしやすさどれもで満足するものになかなか出会えませんでした。テレビで大豆米を見て試して見ましたが、想像以上にお米感があり、調理も簡単で大豆くささも全くなくて大満足でした。むしろ玄米とかよりも好きな感じ。